HOMEマルの練習日誌
■例会・合同練習  ■練習  ■レース  ■その他  
2019年    2月   登録
1
2
軽く5km(マル) 
3
別大出走。完走を目標に出走。
暑くなりそうだったけど、そこまで暑くなく、風も予想より弱く気象コンディションはまずまず。
調子も悪くなく、10km、15kmほぼ想定タイムで通過。手ごたえを感じていたがそれ以降、左足甲に違和感が。痛みは弱いが、しだいにかばうような走りになったせいか、足裏にマメができた。今度はマメの痛みを避けるような着地になり、だんだん痛みも増し、ラップも落ちてきた。キロ4分45くらいできてたけど、4分50を超え、25キロを過ぎるとキロ5分を超えてきた。
 もうマメの痛みは限度を超え、とても10k以上、キロ5分で走る余力はなく、30kmを過ぎて31キロでストップした。
 走り方が悪いのか、靴が悪いのか、靴下か、よくわからないが残念な結果でした。
 応援いただいた方々、不甲斐ない結果ですみませんでした。以降のレースに雪辱を期します。
(マル) 
4
5
6
7
足裏のマメは皮が剥けてしまいましたが痛みもだいぶ和らいだのでRUNに出た。
軽めに8km。
 次は来週の熊本城。別大を熊本城直前の30kmペース走やった、と割り切って次に挑みます。
(マル) 
8
9
雨がやんだと思ってRUNに出たが、再度降り出してそこそこの雨量になった。走る気力も低下して10kmで終了した。(マル) 
10
ホークスキャンプ見学へ。往復600km、移動時間7時間の日帰りの強行軍でした。
王会長や工藤監督、選手を近くで見れて楽しかったけど、疲れました。
途中で軽くRUN。生目の森運動公園を周回4km
(マル) 
11
大会前の調整RUN
やや風があって思いのほか寒かった。
12kmアベレージ4分37、前後JOGで計20km
(マル) 
12
13
軽く8㎞(マル) 
14
15
16
前日JOG6km
本番用の靴を履いたが足甲の痛みはなかった。
2週間前の別大はこれまでに経験のないようなデカいマメができてしまったが、分析してみると靴の履き方が悪かったようです。
 いつもはしっかり靴紐を締めて走りますがあの日は足の甲が痛くなりそうで靴紐をかなり緩くして走りました。結果、足甲の痛みはそこまで強くなかったけれど靴の中で足が動いてマメができたようです。やっぱり靴紐はしっかり締めなきゃだめですね。
(マル) 
17
熊本城マラソン参戦。
熊本はいつも気温が低く、スタートまでの防寒に苦労しますが、今年はやや寒さも緩んだ様子。
スタートロスは45秒。昨年と同じくらい。
それほど調子いいこともないのでキロ4分50くらいを目途に走った。しかし、早めにペースダウン。10キロ過ぎたらラップ5分近くに落ちてきてハーフ過ぎて早くもキロ5分越えてしまった。暗雲立ち込めたが25キロ過ぎるとフッと足が軽くなってキロ4分40に回復。以降、5分切ったり越えたり。でも、5キロ25分は切れた。
30キロ過ぎて5分切れなくなったけどなんとか粘りました。30キロ過ぎると細かな登りが入るけれど今年はそこまで苦しくなかった。余裕があったのかな。でもペースは上がらなかった。
ラストの熊本城の上りは苦しくてペース落ちたがなんとかゴール。結果、3時間30分26秒。
あと30秒で3時間半切れたけれど、実力はこんなもんでしょう。前半、楽をしすぎたのか。
ラストに余力を残すことを意識しすぎるのかなあ。ネットは30分切りましたが・・・
 足に痛みがなかったのは良かった。でも、なかなか3時間半を切れず、次の東京に向かうことにします。
(マル) 
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
[管理]
CGI-design